ペットの代表格!犬を選ぶ時に気をつけるべき点とは?

オスとメスどっちがいい?

犬はメスよりもオスの方が比較的体が大きく、活発な性格であることが多いです。そのぶん運動量も多くなるため、自分自身も運動が好きで散歩に連れて行く時間的余裕がある方などはオス犬を選ぶと良いでしょう。ただし、去勢をしない場合は発情期になると攻撃性が強くなることには注意が必要ですね。一方でメス犬はオスと比べると大人しい性格であることが多いですが、卵巣腫瘍をはじめとするメス特有の病気にかかる可能性もあります。

どんな毛の犬が飼いやすい?

マルチーズなどの長毛種はその美しい毛並みを維持するためには、定期的なブラッシングやシャンプーをしっかり行う必要があり、また犬種によってはトリミングも必須です。そのため、手入れに時間をかける余裕がある人に適していると言えるでしょう。一方で短毛の犬は手入れにそれほど手間がかかりません。しかし、長毛の犬と比較すると換毛期に毛が抜ける量が多いため、屋内よりも屋外での飼育に適しています。また、犬種によって毛の硬さも異なり、柔らかい毛の犬の方が抜け毛の処理はしやすいです。

健康面で気をつけるべきこととは?

犬を飼う時には、極力健康な個体を選んだ方が良いでしょう。まず注目すべきは目の周りで、目ヤニや涙が多く出ているような個体はあまり望ましくありません。また、睡眠時を除き鼻がきちんと湿っているかどうかも確認した方が良いでしょう。実際に触れられるのであれば、毛を撫でた時にフケが出たりする犬は皮膚に何らかの疾患がある可能性があるので注意が必要です。できれば耳の中や口の中もチェックして、異臭がしないかどうか確認しましょう。

日本では数少ないチャイクレの息子は東京のブリーダーさんから買いました。やはりブリーダー、ペットショップなら東京が一番激戦区だからかいいお店があるかと思います。

コメントは停止中です。