室内によるポメラニアンの飼育方法と病気などへの対策

ポメラニアンのエサのやり方について

生後4ヶ月まではまだ身体ができていないので、犬用のミルクを少し温めたのを1日3回、そのミルクの中にパピーフードを少し入れて与えます。4ヶ月から6ヶ月の間に歯が乳歯から永久歯に変化するので、1日に1回はやや硬めのドライフードを与えます。水は常に新鮮なものを飲みやすい位置に置きます。大きくなってきたら、餌は1日に2回にして量を増やします。1歳になったら大人用の餌にするのが理想ですが、急に全て大人用にするのではなく少しずつ変えていくと良いです。犬の年齢が7歳になったら動物病院で餌についての相談をしましょう。

ポメラニアンの運動方法

生後3ヶ月もすれば室内で歩く運動ができます。外で散歩も可能ですが、その前に室内でハーネスをつけて歩く練習をした方がいいです。首にハーネスをつけて歩く事に慣れてきたら外で散歩をしましょう。外での散歩は犬の歩行に合わせて行うのが基本ですが、まだ急に動くことに慣れていないので無理は禁物です。生後1年が経つ頃には、走ったりもできますが1回の散歩は10分程度に抑えます。1日に2回散歩をするようにすれば犬も喜びます。

ポメラニアンの病気などへの対策

犬は生後1ヶ月になったら予防接種への準備が必要になるので、長くお世話になる動物病院をこの時期に探しておきましょう。生後2から5ヶ月にかけて様々なワクチンを摂取していくことになりますが、ワクチンを接種した日は散歩などの無理な運動は厳禁です。室内で走り回ったりして転び動かなくなった時は、脱臼や骨折の疑いがあるのですぐに動物病院へ行きましょう。小型犬の歯は乳歯が抜けずに残り、その残った歯の所へ歯垢がたまることがあり、時間が経つと歯垢が歯石となり落とせなくなります。どの病気も動物病院で早期発見できるので定期的に通うと良いです。

猫と一緒に暮らすという事は、生活に『癒し』をもらたしてくれます。子猫販売なら神奈川の専門店では、種類豊富な愛くるしい子猫を販売しています。来店ができない場合でもネット上で子猫検索ができ宅配も可能です。

コメントは停止中です。